保険の賢い選び方 2018

アクセスカウンタ

zoom RSS 【がん保険の選び方】転移・再発時に頼りにならないがん保険に注意

<<   作成日時 : 2017/11/17 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



がん保険の賢い選び方

がんという病気の治療は、再発や転移の可能性を減らすために、複数年間にわたり継続して行われます。たとえ再発や転移がなくとも、経済的な負担が長期間にわたることは避けられません。長期間のがん治療に対応した保障内容か見極めましょう。



保険 ブログ ランキング1位をチェック!


再発や転移の可能性を減らすために、退院後も長期間の通院治療が行われるのが現在のがん治療の特徴。長期間の治療に伴う経済的な負担に加え、退院したとはいえ以前と同じペースで仕事はできませんから、以前よりも収入が減ってしまうことも想定しておかなければなりません。
実際の調査データ(※1)によると、がん罹患後に収入が減った方の割合は、定期的な収入があった20歳〜69歳の男性で80%、女性で64%。就労者では24%が依願退職・解雇・廃業。休職・休業を含めると34%が仕事に影響を受けています。
(※1) 一般社団法人CSRプロジェクト「がん患者の就労と家計に関する実態調査2010」より

上記のような、がん治療における厳しい経済環境の現実を考えると、がん診断確定に伴いまとまった金額の給付金が受け取れる「がん診断一時金」が1回だけで終わってしまうがん保険では、その後の再発や転移、あるいはそれを防ぐための継続的な治療に際して頼りになりません。一時金は、その後のがん治療の状況に応じて複数回受け取れるタイプを選ぶと良いでしょう。







今回のポイント

「がん保険の一時金は複数回もらえるか」




がん保険を選ぶ際には(パンフレットの情報だけでは気付きにくい)下記のポイントに注意してみてください。きっと、自分に合った、イザというときに頼りになるがん保険を賢く選ぶことができるはずです。


自分に合ったがん保険を賢く見極める !
☆☆☆ がん保険選びのチェックポイント ☆☆☆


保険期間は終身になっているか

入院給付金だけのがん保障になっていないか

診断一時金は複数回受け取れるか

2回目以降の一時金支払条件は厳しすぎないか

先進医療の保障があるか

脳卒中や急性心筋梗塞などの保障も必要か


1つでも心配な項目があったら要注意!
無料相談で 保障内容のチェックをおすすめします

保険ショップで無料相談を希望する


自宅で無料相談を希望する



保険 ブログ ランキング1位をチェック!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【がん保険の選び方】転移・再発時に頼りにならないがん保険に注意 保険の賢い選び方 2018/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる